上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています

(TOP)>上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています

上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています

中華料理、いろんなメニューがありますよね。そんな中、上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています。そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと淡水蟹のうち、中国でも揚子江下流域で見られ、これを指して上海蟹というのです。


年間通して入手可能なのでいつでも食べられるのですが、メスでは、産卵前の10月付近、オナカに卵がたくさんある時期とオスでは、上海蟹の白子のまろやかな食感がとりわけ11月ごろにピークを迎え、貴重な逸品として名高い、大変美味しい品です。

格安で蟹を食べられたら嬉しいですよね。

そのためには、どのようなやり方があると皆さんお考えでしょうか?大抵の方々が蟹を手に入れる一番お得な方法は、スーパーマーケットで探すことだと考えられるでしょう。ですが、「もっと安く蟹を買いたい!」という方もいるでしょう。



安心してちょうだい、よりお得に蟹が食べられる方法があるのです!一体どうしたらいいのでしょうか。それは、通信販売を利用するのがベストです。この場合りゆうありの蟹を安値で買うことができ、圧倒的にお得です。



この方法を使うことによって、蟹を安く手に入れることができます。

少し見た目が悪くても、一番お得な方法です。


蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?ガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、かつては東京湾でも獲れた沿うです。


現在では有明海や瀬戸内海など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。



六角形の横長の甲羅をもつ、比較的大きなサイズの蟹であり、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするスタイルが最もスタンダードだといえます。




さらに、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。




一般的な活かにのさばき方は、まず、洗って真水に30分くらいつけます。軍手を忘れないでちょうだい。

胴のかなめである腹の三角形部分を外して甲羅と半身が分かれやすくなるよう、関節に切れ目を入れましょう。


甲羅と半身を分けるために、それぞれを押さえて交互に半身を外すのです。

胴に残った黒い部分を取り除いて、かに味噌を出しておきます。脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。

このとき切れ目を入れる、殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。一度やってみれば、きっとコツがわかってくるでしょう。インターネットで少し検索すれば、10件や20件ではきかな幾らい、あまりに多くの口コミがインターネットに溢れ返っているのが実情です。有名なのは楽天やアマゾンなどですが、それらのECホームページに書き込まれている口コミ・レビューの他、数えきれないほどのWEBホームページが6人前おせち通販のレビューを扱っています。一つ一つ読んでいくことはほぼ不可能ですね。


そこで、みなさんに一つアドバイスがあります。

口コミにはいい加減な内容やヤラセも多いです。口コミばかりではなく、商店の取引実績を調べてみましょう。それを基準に選ぶと情報も信用できます。蟹には各種の食べ方がありますが、中でも美味しいのはたっぷりのお湯で茹でる茹で蟹、そして蟹鍋を推指せてもらいます。私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。



その利点はどんな蟹でも美味しく食べられることです。蟹しゃぶや刺身は漁獲地のおみせで出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。

蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いといわれている理由がそれです。

それなら新鮮さが落ちた蟹でも、味の劣化は最小限に抑えられます。もし風味が足りないと感じたときには、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、見ちがえるほど美味しくなるので試してみてちょうだい。

少し前までは通販の宣伝といえばテレビでした。テレビを見て一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。


しかし、今はせっかくインターネットもあるのですから、どのくらいの価格で蟹を売っているのか、先に検索してみることを推奨します。その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、インターネットで注文した方が安い値段で買える、または同じ値段ならより良い蟹を買えるからです。一方、安心を重視し、無用なリスクを避けたいという方は、商店のネームバリューにおいて優るテレビ通販を利用した方が、ご自身に合っているかもしれません。6人前のおせちが特別企画で買える嬉しい通販といえば、お得で手軽に蟹を購入できる方法ですが、ただ便利なだけではなく、いくつか気をつけるべき点もあるのです。多くの方に人気なのはタラバ蟹ですが、タラバ蟹を購入する時には、何より大事な新鮮さ、そして蟹のサイズなどをよく確認して購入の参考にしましょう。写真だけを見てもよくわからないことが多いはずですから、新鮮さやサイズをしるには、早得実施中のおせち商品の説明文も参考にしましょう。また、利用者の口コミやレビューといった情報源もすごく役に立つものです。

かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、まずは「焼きがに」がさいこ〜です。殻付きのかにが手に入ったら、ぜひお試しちょうだい。


冷凍品の場合、解凍にはコツがあります。

水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、冷蔵庫に入れるのがベストです。

半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。




半解凍になれば包みを解き、殻付きで焼くと、仕上がりはみずみずしく、うま味も残っています。

完全に火をとおす必要もないので、焼きすぎないようにしてちょうだい。

毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。



まず、獲れた時期です。大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、毛蟹を生で買うのに最適です。


次のポイントは、見た目も沿うですし、触ってみた感じや手にしたときの重みも大事です。

通販では難しいですが、できるだけ新鮮沿うな、重たいものを選びましょう。身が詰まっているかには、やはり手応えが違います。購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のおみせへ行けば大はずれのない買い物ができるでしょう。


HOMEへ戻る